ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の高校生「偉くならず、のんびりと」(日米中韓調査):
2007年04月26日のAsahi.comで、日本の高校生は覇気がないというようなニュアンスの調査結果が記事になっていたが、果たしてそうであろうか。「あなたは将来偉くなりたいか」という問いにどれほどの意味があるのであろうか。まずAsahi.comの記事を以下に掲載する。

「偉くなりたい」と思っている割合は他国の3分の1程度の8%。むしろ「のんびりと暮らしていきたい」と考えている子が多い――。日本の高校生は米中韓国に比べそんな傾向があることが、財団法人「日本青少年研究所」などの調査でわかった。「偉くなること」に負のイメージが強く、責任の重い仕事を避ける傾向も目立った。調査は昨年10~12月、日米中韓の千数百人ずつを対象に行われ、日本では10都道県の12校1461人に聞いた。

 日本の高校生の特徴がもっとも表れたのが、「偉くなること」についての質問。他国では「能力を発揮できる」「尊敬される」といった肯定的なイメージを持つ生徒が多いのに対し、日本では「責任が重くなる」が79%と2位以下を大きく引き離した。「自分の時間がなくなる」「偉くなるためには人に頭を下げねばならない」も他国より多い。このため「偉くなりたいと強く思う」は8%。他国では22~34%だ。日本の高校生は、他国よりも安定志向が強い。「暮らしていける収入があればのんびりと暮らしていきたいと、とても思う」は43%と、14~22%の他国より抜きんでる。

 将来の展望も控えめ。「大きな組織の中で自分の力を発揮したい」や「自分の会社や店を作りたい」が他国より少ないのに対し、「多少退屈でも平穏な生涯を送りたい」の多さが目立った。
「偉くなりたい」



私のコメントは3点ほど:

必ずしも米国の生徒の多くが「偉くなりたい」わけではない:
財団法人「日本青少年研究所」の行った調査結果の原本を購入していないので詳細はわからないが、アメリカの高校生の多くが「偉くなりたい」と答えるとは考えにくい。Junior Achievementが2007年に中・高校生を対象に行った調査で将来の職業を選択する理由として、次のように回答している。
1. 情熱(I am passionate about this career:56.6%)
2. 人の役に立つ(A career in this field will allow me to help people:21.3%)
3. お金(The amount of money that I can learn :12.4%)
4. その他(5.4%)
5. 無理せず楽に暮らしていける(Esay way to make a living :2.6%)
6. ステータスが高い(Having a prestige among my peer :1.7%)

「偉くなる」は「ステータスが高い」に比較的近いと思われ、割合はそれほど高くない。調査方法も対象も異なるので、公平に比べることはできないが、日本青少年研究所の結果とかなりちがった調査報告もあると言うことを意識されたい。

「偉くなりたいか」との質問は適切か?
「偉くなりたいか」はポジティブにもネガティブにとれる玉虫色の日本語である。

「尊敬される人物になりたいか」、「社会的ステータスの高い地位に就き、世の中を少しでも良くしたいか」、「人のために役立ちたいか」、「ビジネスで成功し、お金を稼いで寄付したいか」、「学問、芸術、スポーツで優れた業績を出し、世間から注目されたいか」、「自分の意見や行為が世間にプラスのインパクトを与えるような仕事をしたいか」、「世界平和に貢献したいか」、「人類の健康に貢献したいか」、「地球環境を守りたいか」、「自分の仲間や家族のために何かしたいか」のうちひとつでもYESならポジティブな意味での「偉くなりたい」である。

「偉くなりたいか」にNOは必ずしも悪いことではない。
ネガティブな意味での「偉くなりたい」、つまり健康な目的を欠いたステータスやパワーそのものに対する強い固執に対してNOと言えることは、むしろ美徳であり必ずしも悪いことではない。

アンケート調査は設問により結果が大きく変わる。(語感の調査など)その漠然さが調査対象である場合を除き、「偉くなりたいか」と言うような漠然とした質問は、より具体的で揺れの少ない設問に置き換えられるべきであると思う。また、必要以上にセンセーショナルに調査結果をネガティブに解釈することは調査対象である高校生に対してまったくポジティブなインパクトをもたらさない。もしネガティブな解釈をするのなら(記事で)その解決法・対処方を示唆するのが望ましい。

「偉く」なりたくない高校生が、「偉く」なりたい人たちより、ずっと「偉く」なることだって十分にある。


FC2ブログランキングに一票を!



人気blogランキングへに一票を!

Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

はじめに結論ありき
この調査は調査報告書の概要の内容を以下に示しますように、
はじめに結論ありきの調査です。故に、バイアスがかかりすぎています。おっしゃるように、質問によっていくらでも違う結論を導くことができます。トロントでも、日本人の若者たちもどんどん海外に出て、武者修行しています。おそらく、Harvardもたくさんおられると思います。元気な日本人の情報も頂けると、我々も励みになりますので、これからもがんばってください。

諸外国の若者と比較してみると、日本の若者は「現在志向」であるのに対して、多 くの国の若者は「未来指向」が強いと考えられる。
日本の若者の意欲を根本的に考え直し、これでよいのか、改めるべき点があるかを 吟味しようとするのが、本調査の基本的立場である。 日本社会は高度成長を遂げて、満足化社会ともいわれている。そこに新しい文化が 生まれているとも考えるべきで、これを「やる気の心理学」とでもいうべき分野では、 その社会の文化を基盤として考察すべきだと主張されている。要は新しい文化が生ま れつつあるのではないかという立場である。
このように考えると、本調査は青春真っ盛りの高校生を対象とするものである。高 校生は本来、未知のものに挑戦する年代である。その彼らの生活と意識を通じて検討 しようとすることとなる。その意味では青春白書とでもいうべき報告書といえるだろう。

日本の若者の意欲を根本的に考え直し、これでよいのか、改めるべき点があるかを 吟味しようとするのが、本調査の基本的立場→
日本の子供たちがやる気がないと結論づけるための調査と読めます。
高 校生は本来、未知のものに挑戦する年代である。→これもそもそも定義が、怪しい。高校生はやっぱり、進路に悩む時期だと思います。
【2007/04/29 Sun】 URL // トロント在住ポスドク #- [ 編集 ]
RE:はじめに結論ありき
トロント在住ポスドクさん、
調査報告書の概要の内容ありがとうございました。励ましのメッセージもとても嬉しいです。
また、「高校生は本来、未知のものに挑戦する年代である。→これもそもそも定義が、怪しい。」も同感です。「高校生はやっぱり、進路に悩む時期」であると同時に、すべての世代が未知のものに挑戦する年代であると信じています。
トロント在住ポスドクさんもがんばってください。
Motomu
【2007/04/29 Sun】 URL // Motomu #- [ 編集 ]
失礼します
高校2年です。
この調査結果についての小論を書くのにあたって
資料あつめをしていて、
このサイトをみつけました。

この「偉くなりたい」というのが本当に漠然としている、と
思い、一人一人の持つ「偉さ」の概念なんて、
わからないじゃない!というところでいきづまっています。

また、私も高校生の一人として、この質問に答えるとするなら、
やはり、安定を求めるし、収入が十分なら楽に暮らしたいです。

では、なぜ他国はこんなに働く意欲があるの?というところが
本当にわからない点です。

アメリカは世界の労働時間の延長競争の先頭を立っている。
ということを聞いて、さらに訳が分からなくなりました。

どうしてこんなに働くことに意欲的なのでしょうか?
私は、一生懸命働くことに関して、嫌だとかそういった考えはないですが、楽できる収入があれば、誰でも楽に暮らしたいものだと思って、
この結果を見て、驚きました。

長文失礼しました。

日本と他国でこんなにも差があるのですね。
【2008/11/26 Wed】 URL // 春風 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/75-28ba5e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。