ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Privileged Communication:
ゴードンカンファレンスでの発表や会話はすべてPrivileged Communicationとして取り扱われ、その内容を公にすることは許されない(写真撮影や録音も禁止されている)。これにより、原則としてアイデアやデータが盗まれることを防ぎ、まだ論文にされていない最新のデータをカンファレンスで共有することが望まれている。ここでの基本的な考えは「秘密は公にならなければ、だれも(当事者以外は)知ることができない」である。

Open Secret:
エンロンは巨額の不正経理・不正取引をひた隠しにし企業破綻したために、株主や従業員に莫大な史上最大規模の損害を与えたと一般には思われている。しかし、Malcolm Gradwellのニューヨークタイムズのコラム「Open Secret」では、まったく新しい視点が示されている;エンロンが不正経理・不正取引をしていた証拠はすべてタイムリーに公的にアクセスできる刊行物に記載されていた。しかし、その内容が膨大であまりに複雑であるため、内部告発以前にだれも不正を公の資料から指摘することができなかった。「秘密は公になっていたが、誰も(当事者以外は)知ることができなかった」

今後ますます多くの情報がネット上で公にアクセスできるようになるが、リテラシーがないものにはそれは依然「秘密」のままなのである。


FC2ブログランキングに一票を!



人気blogランキングへに一票を!

Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/74-991832b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。