ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究者やビジネスセンスパーソンは毎日のように何らかのプレゼンテーションを受けるであろう。欠点のほとんどないパーフェクトに近いプレゼンテーションを最後に見たのはいつだろうか。他人のプレゼンテーションの粗は本当によく目につき、批判したい衝動に駆られることが多い。興味深いことに、いくら練習しても自分のプレゼンテーションの問題点はなかなか自分ではわからないが、人のプレゼンテーションの問題点は驚くほど簡単に指摘することができる。

人の仕事を批判するのは容易い。そして重要なことは(A)どんな批判でもその仕事を改善する可能性がある(どんな悪意に満ちたネガティブな批判であれ、その仕事を改善する何らかのヒントを与える可能性はゼロではない)。しかし同時に(B)どんな批判も相手の自信とやる気を根こそぎなくしてしまう可能性がある(人からのひどく批判される恐怖は、人によっては死の恐怖に勝るという)。そして(A)>(B)の時のみ批判をすべきだと思う。別の言い方をすれば、(A)>(B)となるような批判の仕方をマスターすべきだと思う。

Seth's Blogによる「建設的な批判の3つのルール」とは:

1. No one cares about your opinion.....I don't want to know how you feel....What I want instead of your opinion is your analysis.

批判はOpinionではなくAnalysisで:あなたがそのプレゼンテーションから感じることをストレートに伝えても(あなたはすっきりするでしょうが)相手にはあまりメリットはない。あなたが「感じたこと」をさらに「考え」「分析」した結果を伝えよう。

2. Say the right thing at the right time.
どんなに正しく”建設的”な「分析結果」でも、相手の仕事の締め切り直前に、一からやり直すようなことを伝えるのは建設的ではない。

3. If you have something nice to say, please say it.
最後にかならず、小さくてもいいのでポジティブな一言を。その一言で人は救われる(私も何度も救われた。そして救うように努めている)。


FC2ブログランキングに一票を!

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/60-78650216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。