ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30歳を超えて留学する理系研究者の成功のカギは、日本で培った人間力を生かすことであると「中年日本人男性研究者のためのサバイバル英語学習術」で書いた。人間力の基礎に重要なのが読書である。私見であるが、留学が2年以内なら紀伊国屋ニューヨークなどで購入した和書を読んでいれば問題ないが、3年以上になるようであれば洋書のノンフィクションを読みたい。300ページをこえるハードカバーを読み切るのは簡単ではないが、読み切った時の充実感は大きく、成功体験として確固とした自信につながる。

もちろん洋書一冊を数ヶ月かけて読んでもよいが、最初はジャンプスタートで素早く成功体験をして、ポジティブフィードバックのループを作ることができれば、大げさでなく人生がすばらしものに思えてくる。

ジャンプスタートの方法として私が使う方法は、まず Audible.com などでAudio Book (mp3 file)を購入 (ダウンロード) しiPodで聴き通し、全体の内容を把握した上で本を読む方法である。 Audio Bookであらすじをつかみめば、本はぐっと読みやすくなり、挫折する確率がかなり減るし、細かなニュアンスを読書で楽しむことができる。 私は洋書はノンフィクションしか読まないので、 Audio Bookでオチがわかって困ることはない。ほんとに良い本は一回聴いて、一回読んだぐらいで飽きることはない。

たいていの Audio Book は6~10時間程度なので、通勤時間やスポーツジムの時間を利用すれば、1週間で聴き通せる。その後洋書に向かえば一日1~2章づつ (20~30ページ) ずつ読んで行けば2週間で読み切ることができるので、洋書月1冊は無理なく達成できる。金銭的にはAudio Book 代10~20ドルが余分にかかるが、他の娯楽やAdult Educationに比べれば格段に経済的である。最初の数冊をこの方法で読み切ることができれば、後は Audio Bookと読書で異なったものを読み(聴き)、守備範囲をどんどん広げて行けばよい。

FC2ブログランキングに一票を!

ブログ ランキング
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/39-635d92cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。