ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のエントリーでテニアトッラクのアシスタント・プロフェッサーのポジションへ応募する際の研究計画 (Research Proposal) は、ボスドクの研究テーマの延長ではなくImaginationを働かせた、ユニークでチャレンジングなプロポーサルでなくてはならないと書いた。

さらにもう一つ大切なこととして、研究計画はある程度、既存のファカルティーメンバーとの相補性があり、プロダクティブなコラボレーションができることが望まれる。しかし、トリッキーなところは既存のファカルティーが、新しく来るアシスタント・プロフェッサーからベネフィットを得られるかどうかは選考に非常に重要であるが、逆に新しく来るアシスタント・プロフェッサーが、既存のファカルティーからベネフィットを得られるかどうかは選考基準の上位に来ない場合がある。

選考ではむしろ、独力で新しい分野を切り開き、将来その分野のリーダーになれる人物をトップの大学・研究所では求めている。したがって、「私のラボではコラボレーションを生かしたプロジェクトを推し進める」というような研究計画はよく受け取られない可能性がある。

PIとして長年やってきたファカルティーは皆エゴが強い (エゴが強くないと生き残れない)。彼ら/彼女らはあなたとのコラボレーションで自分の研究にベネフィットを得たいが、あなたには独立してすばらしい研究をして欲しい。(もちろん、多くのファカルティーはメントーとしてリサーチやポリティクスでサポートしてくれるが、最初からそれを当てにしたような態度は見せない方がよい。

FC2ブログランキングに一票を!


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/37-3e850129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。