ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島原発の最悪のシナリオとは、先日のVideonews.com「あえて最悪のシナリオとその対処法を考える」での飯田哲也氏(NPO環境エネルギー政策研究所所長)・小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)によれば、一つは(可能性は低いが)再臨界による”爆発的事象”が起こり、チェルノブイリのように一気に放射性物質が大気中に放出されること。そして、もう一つの”より現実的な最悪のシナリオ”とは、大きな爆発はおこらないが、局所的で持続的な爆発的事象により、現場での作業が難航し、現在のように十分に冷却できない状態が長期間続き、その間放射能汚染が徐々に広がり、あらゆる面で国民の健康・生活を蝕み、国が衰退していく可能性である(長期間とは数年の可能性もあるが、チェルノブイリでは現在でも3000人以上の職員が施設の安定と維持のために働く必要があるらしいので、数十年から半永久的である可能性すらあるという)。

最悪のシナリオが語られない理由のひとつに、パニックや日本の将来性や経済的価値に与えるネガティブな影響の大きさを懸念するという動機は容易に想像できる。さらに神里達博氏(東京大学特任准教授・科学論)は文化系トークラジオ・ライフ「このメディア環境を生きる」で、日本に特有のある国民性・文化に言及している点は興味深い。

神里氏によれば、日本では危ないことや悪いことを語る人を責める傾向があるという。これは「悪い知らせを語る使者を斬る」という日本古来の慣習に見られるように、言霊(ことだま)思想に根ざしており、「語った事は現実になる」という思想が影響している。つまり、悪いことを言う人(つまり警鐘をならすひと)は、悪いことが起こることを願っているということになる。そのため、だれも最悪のシナリオを言い出せないのかもしれない。



スポンサーサイト
同感です
初めまして。

>大きな爆発はおこらないが、局所的で持続的な爆発的事象により、現場での作業が難航し、現在のように十分に冷却できない状態が長期間続き、その間放射能汚染が徐々に広がり、あらゆる面で国民の健康・生活を蝕み、国が衰退していく可能性である

私もこれが非常に心配ですが、政府は「今、どうか」ということしか語りません。このまま数週間以内に事態が収束するとはとても思えない状況で、国民にはこれからの生活がどうなるかまったく見えません。誰しも心理的に肯定的なことを聞きたいというのは理解出来ますが、今後のことも考えなければならないのですから、たとえそれが悪いものであっても予測を提示することは必要だと思います。また、ギリギリの発表では対応が取れないという心配があります。
【2011/03/30 Wed】 URL // eisberg #JeDKLqWY [ 編集 ]
最悪のシナリオ?
確率の問題ではないでしょうか?
確率を無視すれば、最悪のシナリオは
(1)混乱に乗じて某国家から核ミサイルが飛来する
(2)某企業が逆切れして他の原発で心中的運転をする
ですが、これらも当然報道されません。
島岡さんが想定するシナリオは当初は報道されていましたが、
崩壊熱が減少し、とりあえず冷却できている現状は無用に
パニックを引き起こすだけではないでしょうか?
【2011/03/31 Thu】 URL // #Z9FJ/wEo [ 編集 ]
(3) 世界の終焉を信じたカルト教団が福島第一から放射性物質
を盗み出し都心でばらまく

なんてどうでしょうか?

いまメディアに出ている専門家は悲観論も楽観論も
利害関係者です。利害関係のない科学者はデータ
に基づく冷静・客観的な情報発信をしてもらいたいものです。
【2011/03/31 Thu】 URL // #8klwOKB6 [ 編集 ]
二点
飯田哲也氏の発言ですが、その後他の識者とMLで議論をし、だいぶ穏やかな方向になっています。チェルノブイリのように一気に大量の放射性物質が放出される、に関しては、ですが。それからLifeのUstreamは期間限定でそのうちアーカイブが公開されなくなります。
【2011/03/31 Thu】 URL // hshigema #- [ 編集 ]
"言霊”ではない。
”言霊”ならば、
「それが起こるかもしれない。それに対して、どう対処するか」
「耳をふさがず、聞くことで、ひらかれる
巻き起こったことへも、対処する道が。」
となるのだろうと、思う。

言霊による思想、とかではなく、”言霊”ってものすら逆に使った「支配」。
言ったことが起こるって思わせ、
恐怖をちらつかせて動けなくして、一人分の力をさっさと奪っている。
”言霊”は、力づけて生きるようにあるものなのだけれど、それすらゆがめている。
文中「わるいことをねがっているひと」、ではなく、
わるいことをいったら、民衆が現状に気付いて支配する側がまずくなるから、
しらせを”しらせ”として受け取らせず、
”言霊”をゆがめて使った思想へともっていっている。
一見 そうとはとれない形で。 今、となってまで。
【2011/03/31 Thu】 URL // 通りすがり #dcQIF1kk [ 編集 ]
unthinkable
日本人に危機管理はできない。
自分に都合の良いことは思惑通り、悪いことは想定外とする。
縁起でもないことを口に出してはいけない。言霊の効果が恐ろしい。
あとは、他力本願・神頼み。
はらいたまい、清めたまえ。


我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

【2011/04/04 Mon】 URL // noga #sqx2p0JE [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/367-a5fad121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。