ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ー研究者は英語の学習時間をライティングにより多く割くべきー

研究者の英語術グローバル化した世界で英語は”共通のコミュニケーションのプラットフォーム”としてますます重要性を増していくでしょう。英会話ができるようになることが、これからは必要不可欠になると提唱するスクールもあり、多くの時間とお金を英会話につぎ込んでいる研究者もいるのではないでしょうか。

しかし、主として日本を仕事の場として活躍する研究者や学生にとって必要な英語でのコミュニケーションの形態に優勢順位をつけるとすれば、英会話がトップに来るのでしょうか。英語の勉強のための貴重な時間とお金の大部分を英会話学習にかけていいのでしょうか。

ところで、一般的に英会話を学ぶモチベーションのひとつに、街で外国人に道を聞かれた時にすらすら答えたいというものがありますが、グローバル化が進んでも、街で英語を話す機会が突然増えるわけではありません。しかし、インターネットの恩恵で、メールやテキストを通じて英語でコミュニケーションをする頻度は、グローバル化とともに、今後急速に増えるでしょう。

したがって、英会話や口頭での英語コミュニケーション中心の学習スタイルを再考し、”研究者は英語の学習時間をライティングにより多く割くべき”というのが、新刊「研究者の英語術」のメイン・メッセージです。この本は、私が論文やグラントの英語表現のエディティングをいつもお願いしているJoseph A.Moore氏との共著です。

序章「ひとりで学ぶ英語の心得」から始まり、相手に伝わる”機能的な”パラグラフ・ライティングの実践を全体を俯瞰するテーマとして、第1章:アブストラクトの書き方、第2章:カバーレター、第3章:英文メール術、第4章:プレゼンテーションの読み原稿作成の極意、第5章:強い英文推薦状の書き方、第6章:英語ライティング上達のための「自分語り」CVとレジメの書き方、と研究者や学生が日常の仕事の中で必要な英語ライティング・スキルを高めていくための指針が具体例をあげて解説しています。

羊土社のサイトもぜひご覧下さい。

序章 ひとりで学ぶ英語の心得
英語は読めるが話せない悩み
英語の読み書きは国語の能力で,話すのは体育の能力
体育の能力である同時性・双方向性・即興性は実践でしか学べない
本を読んで一人で勉強するならば,それに適した英語コミュニケーション力にフォーカスする
これからは文書での英語のコミュニケーションが重要になってくる
研究者はまず文章による英語のコミュニケーションにプライオリティーを置くのが効率的
英語の論理的思考の習得にはパラグラフ・ライティングが効果的

第1章 アブストラクトの書き方

研究者のすべての英語ライティングの基礎
どうしてアブストラクトのトレーニングが重要なのか?

* アブストラクトを書く力は英語ライティング・コミュニケーションの基礎
* 第一印象が運命を決める
* 研究者の仕事の成果はアブストラクトとして世界に伝わる
* 論文のアブストラクトは通常最後に書く
* アブストラクトを書くことで理解が深まる
* アブストラクトを最初に書くという修行
* 優れたアブストラクトを書くために,知っておくべきたった1つのこと
* セルフ・エディティング能力を育てる
* アブストラクトに書くべき3つのエレメント
* 優れたアブストラクトを書くための具体的な心得

実践編 優れたアブストラクトへの道のり

* 例1:名作アブストラクト
* 不完全な第1稿を書くのが,優れたアブストラクトへの第一歩
* 快適に第1稿を書き始めるためのフレーム・ワーク
* つまらずに第1稿の下準備をするためには正解ではなく納得解を
* シグナルを使って,センテンスに有機的なつながりをもたせる
* 第 1稿をさらに磨きあげる
* まとめ

便利な実例集

* 実例1:基本に忠実なロジック展開
* 実例2:ストーリーを意識してまとめる
* 実例3:定められたフレーム・ワークに則る

第2章 カバーレター
論文の重要性を訴える考え方を身に付ける
エディターを説得し,投稿論文を査読にまわすための強いカバーレターの書き方

* カバーレターの役割とは
* 論文の重要性をいかに語るか
* カバーレターのフレーム・ワーク

実践編 カバーレターの実際

* 例1:Science へ投稿したときの実際のカバーレター
* 例2:FASEB J へ投稿したときの実際のカバーレター
* 例3:The Jounal of Immunology へ投稿したときのカバーレター
* まとめ

カバーレターでよく使われる言いまわしの実例集

* 論文がオリジナルであるとの宣言の例文 (二重投稿していないことの宣言など)
* 適切なレビュアーの示唆や,不適切なレビュアーを除外する依頼

第3章 英文メール術
ライティング・スキルを日々鍛える
伝わるメールを書いて,英語ライティング・スキルを高める

* あなたのメールが正しく読まれているとは限らない
* 下手な英語を話すことは許されても, 下手な英語を書くことは許されにくい
* メール・ライティングの心得はアブストラクト・ライティングの基本と同じ

実践編 具体的な英文メール・ライティングの技術

* あなたのメールの後半は読まれていない
* メールでは結論を最初にもってくる
* 件名欄を有効に使う
* 読ませるメールとは(岡田さんのメールを書き直す)
* 読みやすいメールを書く3つのテクニック
* リストを有効に使用して浜田さんのメールを書き直す
* オープニングとクロージング
* こんなときはメールを使ってはいけない
* まとめ

伝わるメールの実例

* ジョブ・アプリケーションレター
* リクエスティング・レター

第4章 プレゼンテーションの極意

ロジックにより説得する表現を磨く
成功の鍵を握るショーの下準備

* 十分な下準備をするという王道を歩む
* 優れた英語のプレゼンテーションはトランスクリプトを用意することから始まる
* トランスクリプト作成には二重のベネフィットがある

実践編 スライド各場面でのトランスクリプトの要点と実例
ソーシャルな部分のトランスクリプト

* #1:プレゼンテーションに入る前のスモール・トーク
* #2:話題を変えるときのフレーズ
* #3:共同研究者やスポンサーへの謝辞
* #4:質疑応答の場面でのフレーズ

サイエンスの部分のトランスクリプト

* スライド1「タイトルスライド」の機能とポイント
* スライド2「テイクホームメッセージ」は最も重要なスライド
* スライド3~4「バックグラウンド」で背景,問題点を示す
* スライド5~8「データ・ソリューション:解決法 or 答え」
* スライド9「まとめ」
* スライド10「謝辞」
* まとめ

あなたがホストの場合の心得と演者紹介の実例

* イントロダクションにおける先入観・必然性・共感
* フォーマルな場面でのホストによるイントロダクションの例
* インフォーマルな場面でのホストによるイントロダクションの例

第5章 推薦状
ポジティブな表現を磨く
用紙2枚分の説得力のある強い英文推薦状を書く

* 推薦状を書くのがもともと得意な人などいない
* 推薦状を書く際に,どこでつまずくのか
* 推薦状の重要性
* 推薦状の現状:ネガティブな推薦状はなくなっていく
* 人の長所を見つけて,世間に売り込む力を伸ばす
* 強い推薦状とは情熱,情熱とはとりあえず分量
* 強い推薦状を書くための5つの心得
* 強い推薦状を書くためのフレーム・ワーク

実践編 強い英文推薦状の書き方

* 職場ロゴの入ったヘッダーを準備する
* パート1:イントロダクション(自分が推薦者として適切であることのアピール)
* パート2:被推薦者の業績とプロフェッショナルとしての成長をストーリーで語る
* パート3:人間的魅力について語る
* パート4:まとめと締めくくり
* まとめ

業績と成長を語るストーリー(3幕構成)の実例

第6章 CV,レジメ
自己PRとアクション・スタイルを上達させる
英語ライティング上達のための「自分語り」

* CVとレジメ
* CV とレジメを英語ライティングのトレーニングの場として使う

実践編-1 CVの具体例

* CVのパーツ一覧
* Personal and contact information
* Education and Professional Experience
* Committee Service, etc.
* Funding Information
* Report of Teaching and Training
* Invited Presentations
* Bibliography
* 特許
* Narrative Report

実践編-2 レジメの具体例

* レジメで学ぶアクション・スタイル
* トップ
* 1枚目の上3分の1
* Education
* Professional Experience
* 発表論文リスト
* 専門技術・スキル
* 照会先
* まとめ

コラム
セルフ・エディティングについての補足
カバーレターとオンライン投稿
いろいろ頼みたいのは山々だが,要求を詰め込みすぎない
英語でリストを作るうえで注意すべきこと
準備しすぎるという問題
大統領のスピーチ原稿
重要でない話を英語でする難しさ
言及する範囲
米国と欧州における推薦状の違い
CVにはどのフォントとサイズを使えばよいのでしょうか
転職の理由をポジティブに説明する準備を
CVとレジメの差をもっと詳しく
アクション動詞

スポンサーサイト
早速注文させていただきました!到着したら感想をお送りしたいと思っております。
【2010/03/27 Sat】 URL // koya #- [ 編集 ]
研究者の仕事術がいろんな部分で役に立っています。
今回の本も読ませていただきます。
感想をお伝えします。
また、私のブログでも紹介させていただきたいと思います。

【2010/03/27 Sat】 URL // つぐみ #- [ 編集 ]
アブストラクトとプレゼンのところについてまず読ませていただきました
まずは、アブストラクトの書き方までと、プレゼンテーションの作り方について読みました。
当たり前のようで出来ていない、非常に大事なスキルについてアドバイスをいただきました。
島岡さんによる‘研究者の仕事術’から一貫して研究者に大事なスキルが書かれているため、わかりやすく、すんなり頭に入りました。
いま、来週末のプレゼンの準備を行いながら、よく自分に言い聞かせています。
何度も何度も島岡さんがおっしゃることを頭にたたきこんで、自分のスキルアップ、改善を目指します。
おそらく、自分で実践すればするほど、アドバイスの意味、重要さをより深く認識していくと思います。
そんなメッセージが刻み込まれている本だと思います。

私は、博士課程2年で、まだ一度も投稿論文を出していません。
大きな学会での発表の経験はなく、来週末が最初です。

そんな私の心に響いたことを書き留めてみました。
自分に言い聞かせるようにした言葉も加わっています。

アブストラクト;

 やる価値のあることは、まず失敗してみる価値がある。
 まずは悪い文章を書く
 良い文章は、無から生まれるのではなく、悪い文章から生まれる
 何度も校正をする。
 完璧主義者になっていては筆が進まない!!
 何回も書き直すことで、さいてきかされる。
 そのうちに、集中力と創造性が発揮され、納得いく表現ができるようになる。

 とにかく第1稿を仕上げる
 無駄、不足あっても後に訂正する。気にせずかき上げる
 気にせず!!  誤変換、誤字、脱字、、 !!

 絶対的な正解を求めない
 とりあえず納得できる暫定的な「納得会」
 とりあえず現時点での考えを書く!!
 10回以上、最初は50回もセルフエディってぃんぐ
 すぐれたアブストラクトを‘簡単に書く’秘訣はない。
 しかし秘訣は存在する。


プレゼン;

 人前で話をするときは誰でも緊張する
 パブリックスピーキングの恐怖は、死の恐怖をも凌ぐ
  →十分な下準備をするという王道しかない
   ショートカットは無い、ひたすら十分に下準備と予行演習を行う

 大統領だってトランスクリプト読む
 すぐれたプレゼンはトランスクリプトを書くことから。
 セルフエディッティングを繰り返す
 準備しすぎるという問題には、
  (一旦準備を始めるといくら準備しても安心できないという脅迫観念にとらわれる)
  あまり早くから準備を始めない
  最初からトータルでかける時間を決めておく



気付き(来週末のプレゼン準備に応用して)
 セルフエディティングしなきゃ自分のスキルアップにならない。
 セルフエディティングすると、自分の考え、方法、習慣に気付き、芯から、自分を改善できる。

さらに学びが深まったときにまたアップします。
より、私の主観的な感想は、わたしのブログの方で書かせていただきたいと思います。

島岡さん>
本の内容についてかなり触れさせていただいているかもしれません。
不都合なことがございましたら、ご指摘ください。

本を通していただいたアドバイスを糧に、博士号取得、
また、一人前の研究者として永遠のスキルアップを図ります!


【2010/03/31 Wed】 URL // つぐみ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/362-0aebe797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 「ハーバード大学医学部留学・独立日記」でおなじみの島岡さんが、「研究者の仕事術」に続いてまた本を出されました。うれしいことに、今度も羊土社から著書を送っていただきました。ありがとうございました。  ハーバードでも通用した研究者の英語術―ひとりで学べる...
[ 5号館のつぶやき ]
研究者の英語術を読みました。 まずは、アブストラクトの書き方までと、プレゼンテーションの作り方について読みました。 当たり前のよう...
[ 人生の道の駅 失敗から発見、そして自信へ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。