ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羊土社のウェブ連載「研究者のための英語コミュニケーション」では、英語を話すことよりも、書くことが重要であると主張してきました。時間、資金、精神力・体力なのどリソースが無限にあるのならば英語を話すことと書くことの両方に磨きをかけることができますが、リソースに限りがあるのならばプライオリティーを決めなければなりません。

そういう前提のもとで、研究者は、英語を話すことを磨くことに比較して、独学の効く英語を書く能力を磨くことにまず専念したほうがトータルな「仕事力」を高める上では効率がよいというのが、私の考えです。

また、英語を話すこと・英語を書くこといづれにせよ、上達のための最大のドライビング・フォースは「緊急性」と「具体性」です。将来的にいつか役立てるために英語のスキルを高めておくというのでは「緊急性」も「具体性」もありません。しかし、一ヶ月後に英語のスピーチをしなければならないとか、2週間後に英語の申請書を提出しなければならないという状況には「緊急性」と「具体性」があります。

「緊急性」と「具体性」を兼ね備えた英語ライティングのトレーニングの場として適したものに、英文メールを書くということがあげられます。メールではある期日までに(緊急性)、あるメッセージを伝えなければなりません(具体性)。例えば、英語でメールを返信するために数年かけて英語力を高め、十分に準備してから返信するわけにはいきません。今ある力を駆使して、今日(もしくは明日までに)返信しなければなりません。上手い英語をめざすのではなく、伝わる機能的な英語を目指さなければなりません。

羊土社のウェブ連載「研究者のための英語コミュニケーション」第5回「英文メールの書き方-2」がアップされました。

あなたは自分のメールの後半が読まれていない事実を知っていますか?....メールで数回やりとりをしていると,前回のメールで自分が詳しく書いたはずの事項を,相手がまるで初めてのことのように質問してくることを経験したことはありませんか.メールの全文がいつも読まれているわけではないのです.とくに後半に書いたことは全く読まれない(スルーされる)と考えた方がよい場合が多いのです.私自身も忙しい時には,長いメールは最後まで読まないことがよくあります(*)....



「伝わる英文メール・ライティングのトレーニング」を具体例をあげて解説していますので、どうぞこちらをご覧ください。


YC-V2


(*)追記:コメントをくださったボストン「プロ研究者への道」のKayさんも、メールの後半は読まないことがよくあるとご自分のブログで告白されています。





スポンサーサイト
署名
知らない人からのメールの場合、メールの最後に署名を入れてくれると、さらにありがたいです。実験を教えてほしいとかのメールの場合、「どこの誰?」「誰のラボに所属?」とかの情報がわかりますし、電話をそのままかける時もありますから。その情報でPubMed検索やGoogle検索まですることにあります。
【2009/11/01 Sun】 URL // Kay #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/350-14e034d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。