ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オハイオで大学院生として過ごす日々を綴る」のichishojiさんが、梅田さんのブログと、関連した私のブログを読んだことに端を発して、オハイオで留学することになった経緯を振り返って:

...でも、実際に当時の自分を動かしていたのは「思い込み」だった。これまで、この「思い込み」がかなり重要な役割を果たしてきた。....「時代の力」「周囲の人の力」「自分の能力」「思い込み(感情)の力」それらが合わさったものが「自分の力」になる。


と「思い込む力」が自分のキャリアや人生の方向性を決める上での重要性を指摘されています。これには私も同意します。そして、一つ付け加えるならば、周りのひとが「思い込んでくれる力」、少し言い換えれば「(いい方に)誤解してもらえる力」が実に重要じゃないのかと感じています。

人生には時々「いい方に誤解してもらえる」ことがあります。過大評価(自分が考えているベクトルと同じ方向で、その幅が正の方向に大きい)の時もありますが、予想外の好評価(自分が考えているベクトルとは違う方向にポジティブに)というのが、新しい自分の方向性を決める上で重要なことがあります。

人に誤解してもらって、やっと自分の強みとはこれだったんだとわかってきた経験が自分にもあります。また、みうらじゅん氏も「みうらじゅん対談集 正論」に関するインタビューで「(人が成長していくためには)誤解されてなんぼのもんでしょう。」というように答えていたと思います。

「時代の力」の強い場所には、人物評価について非常にシビアで保守的な人も多いのですが、オプティミスティックで精神的余裕がありいい方に誤解してくれる人も同時に沢山います。「時代の力」を非常にミクロな視点でみれば、その一つは「よく誤解されるチャンスの多さ」です。自分のあまり理由のない自信や思い込みに、周りからの誤解が加味されて、自分の実力以上のものが生み出されることがある。おだてられてついつい大きな挑戦をしてしまう。これがすべて成功するわけではありませんが、たとえ失敗しても「時代の力」の強い場所にはもう一度挑戦できるセカンドチャンスがある。

必要以上に偶然性や他力を強調しないように注意しなければなりませんが、”計画された偶然性”、”予定された他力”、”期待される誤解”の重要性を過小評価することもまた危険だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

「誤解してもらえる力」が将来の方向の決定に与える影響が大きいことに私も賛成です。エントリーを書いているときには思いつきませんでした。これがまさに「いい方に誤解され」たケースかもしれませんね。
思い返してみれば、自己評価と他人からの評価が食い違っていることはよくあることでした。それが正の方向を向いているのである限り、評価される側はその方向に舵を少しだけ切り、その評価にそぐう自分を目指すようになるものかもしれません。そういう意味で、私はよい助言者に恵まれていたと言えます。私も将来もし誰かに助言する機会があれば、彼もしくは彼女が考えているであろう自己評価とは少し違った角度でポジティブな評価を与えたいものです。
【2009/03/30 Mon】 URL // ichishoji #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/322-77d4c30c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。