ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「仕事力」に散りばめられた金言には私もインスパイアーされます。しかし、偉大な経営者、学者、芸術家等の”金言”に共通することは、それらが実は役に立たないことではないでしょうか。もう少し正確に言えば、すぐには役に立たないことです。金言は、それを言った人物のカリスマ性も手伝って、普遍性のある”定理”のように受け取られがちですが、実際にはある特異的な人物、状況、時代にのみ適応できる”特殊な解”の場合が多いように思います。また、大抵は後付け(成功した後で振り返ってみて、ストーリーを見つけてしまう)なので、多少なりともバイアスがかかってしまいます。

しかし、この”即効性の欠如”が実は偉人の金言のおそらく最も重要なポイントだと思います。というのは、すぐには効果が現れないので、いろいろ変えてみる、勉強してみる、試してみる、人に聴いてみる....そうすることによって結果的に初めに予想していたものとずいぶん違う物を手にする。悩んだり、いろいろ試した過程でもろもろの予想もしていなかったものを手にする。その紆余曲折のあとに、自分なりに金言を解釈し、やっぱりあのひとは偉大だったと納得する。このパーソナライズされた学びと成長の過程が実は金言がもたらす最大の収穫なのです。最初は予想もしていなかった形で成長をもたらすという意味では、偉人の金言はやはり魔法の言葉なのかもしれません。




スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/278-e53fb5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。