ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーバード大キャンパスにあるスポーツクラブの壁に貼ってある言葉:


A man's health can be judged by which he takes two at a time - pills or stairs.
                          –Joan Welsh


仕事をするための集中力を維持するために、最も大切なことの一つが体力を維持することだと最近痛感しています。同じように感じているひとはやはりいるようです:

”考えるということには体力も重要。体力がないと、ここ一番でぐっと考えを深める時に集中力が続かない....体力がないというのは、知恵でわたっていく商売でもかなりハンディなんである”–On Off and Beyond



”集中力が続く人と続かない人の大きな違いは体力です”–勝間 和代・効率が10倍アップする新・知的生産術 via 初級Linuxプログラミング




ちなみに私見ですが、質の高い業績を数多く出している教授の多くは50を過ぎても朝運動しているように思います。
・私のPh.D. supervisorは月曜から金曜まで毎朝ジョギングしている。
・私のPostdoc. supervisorはマウンテン・バイクで通勤している。
・私の共同研究の一人は毎朝4:30に起きて30分水泳してから研究所に来る。
・先週UCSFからハーバードに招請講演にきた教授は、朝スターバックスでコーヒーを飲みながらラップトップに向かっている私の前をジョギングで通り過ぎていった。
等々

健康の話をするようになると、もう年だといいますが......



スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

たまに見ています。継続してアップ感服します。僕も努力しないと・・・。もう寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
【2008/11/13 Thu】 URL // #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/20 Thu】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/224-06f407de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。