ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MITでPh.D.をとった若手の博士といっしょにあるプロジェクトにたずさわっているのですが、彼女の質問がとにかくすごいのです。MITで理論的思考法をきちんと勉強しているせいもあるのでしょうが、本質をつくような質問をどんどんしてくるのです。痛いところばかりをついてくるので、数時間のミーティングで私はへとへとになりました。しかし、こちらも何が問題点であるかをあらためて認識することができ、彼女の質問から得るものが数多くありました。

しかし、彼女の本当にすごいところは、私が完全には答えられない質問に関しては、ちゃんと答えられるエキスパートを紹介せよと私に要求するところです。もちろんミーティングの下準備として彼女はかなりの文献や資料を読み込んでいます(フェーズ1)。そしてその中から問題点を洗い出し、質問するのです(フェーズ2)。フェーズ1では知識の習得と目的としますが、フェーズ2では質問することにより人からの”知恵”の習得をめざしているのです。よって私が答えられない場合にはもう一度論文の中の”知識”に戻るのではなく、とにかく人の中の”知恵”を探求するのです

大前研一氏の著書の中で「質問せよ、そうすれば道は開かれる」というようなニュアンスの表現があったかと思いますが、MITの彼女のモットーは;

質問せよ、その人が答えられなければ、別のエキスパートを紹介してもらえ。納得する答えにたどり着くまでこれを繰り返せ



です。

フェーズ1での論文や資料からの情報収集には限界があるので(知恵にたどりつくことが困難)、フェーズ1がある程度なされたと感じたら、あとは積極的に人に質問をぶつけていくというアプローチは効率的で生産的であり、MIT的であるなと関心しました。


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

知恵と知識
知恵と知識をもう少し具体的に説明していただいたら嬉しいです!
【2008/03/31 Mon】 URL // takuya514 #GNJjv.O. [ 編集 ]
納得しました。
【2008/03/31 Mon】 URL // #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/211-04337918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。