ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Happiness ProjectよりTwyla Tharp”(dancer/choreographer)の言葉:

毎日の遭遇すべてがクリエイティビティーにつながる可能性を秘めている。しかし、正しいマインドセットなしにはそのクリエイティビティーの種に気づくことすらできない。
“Everything is raw material. Everything is relevant. Everything is usable. Everything feeds into my creativity. But without proper preparation, I cannot see it, retain it, and use it.”



行き詰まったときにはトピックを変える、プロジェクトを変える、仕事を変えるなど環境を変えることを考えがちですが、マインドセットを変えることで現在の環境でも、かっては見えなっかた数多くの”クリエイティビティーの種”を見ることができるようになりえると理解しました。

環境を変えて刺激を得る、また慎重に環境を選ぶことは間違いなく重要です。ただし環境を選ぶことは出来ても、環境を変えることは自分一人の力ではできません。そんなときに、別の次元のアイデアとしてマインドセットを変えるという視点は大切です。なぜならマインドセットは(簡単ではないにせよ)自分一人の力で変えることができるからです。

PS: サイエンティストとマインドセットの変化について最近興味をもっていますので、後日ふれるつもりです。


関連エントリー:変化に対する恐怖について
研究者にもビジネス・サイコロジーは必要:[Change] vs [Zoom]
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/blog-entry-2.html







スポンサーサイト

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/192-1642f0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。