ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血管新生の世界的権威でパイオニアであるジュダ・フォークマン博士(Dr. Judah Folkman)が昨日突然お亡くなりになられました。74歳でした。フォークマン博士は癌の成長と転移に栄養供給ルートとしての腫瘍血管が重要な役割をはたし、腫瘍血管新生を癌治療の新たな標的として見いだした業績で有名であり、ハーバード大学医学部内だけでなく、おそらく全米で最も著名なphysician- scientistのひとりでありました。ボストン小児病院で毎週ある血管生物学セミナーで最近までお元気なお姿をみかけておりましたので、非常に驚いております。ご冥福をお祈りいたします。

Folkman, Cancer Research Pioneer, Dies at 74

Dr. Judah Folkman, a cancer researcher known for his groundbreaking work on angiogenesis, has died at the age of 74. Angiogenesis involved cutting off the blood supply to cancer cells. Folkman's work cured the disease in mice, and though it didn't succeed in humans, it did spur new cancer treatments.

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/175-a3a8901c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
訃報 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
[ 旬なキーワードでお得なブログのリンク集 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。