ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は4つの研究室が参加するジョイント・ラボミーティングであった。ハーバード大学医学部のロングウッドキャンパスにあるCBR Instituteと Dana-Faber Cancer Instituteからの4つの研究室で「Integrins and Modular Surface Proteins in Vasculature」というProgram Project Grant (PPG, 日本のCOEに相当)をNIHのNHLBIよりもらっている。年間数億円単位の研究費を使用しているのでプレッシャーも大きく、お互いの進行状況を月に一度集まって、データ・プレゼンテーションをしてプロジェクトの方向性を検討し合っている。お互いによく知っているメンバーなので、遠慮はなく時として質問やコメントは辛辣になることもある。

データ・プレゼンテーションを含めたPublic Speakingは、人が恐怖を感じる最大の物のひとつであ。統計では「人前で話す恐怖」は、常に「死の恐怖」より上位にくるらしい。「人前で話す恐怖」の大きな原因のひとつが、「批判される恐怖」である。自分のデータを否定されたり、まったく返答できないような質問をされたらどうしようかと多くの人は心配するのではないか。

しかし、少し視点を変えてみると、正当な批判ほど貴重なものはない。その批判にもとづきデータを修正・追加することで論文やグラントが改善され、アクセプトされやすくなり得る。それなのにどうして批判を怖がるのであろうか。それは自尊心が傷つくからである。しかし、自分の論文が改善される機会と、自尊心とどちらが大切であろうか。もちろん、研究者にとって大切なのは論文の質の向上である。

プレゼンテーションのまえに自分に言い聞かしていることがある。もし唯一の悪影響が自尊心が傷つくことであるならば、批判を進んで受けよう。正当な批判は改善のための貴重な機会である。(と言いつつも、いつも批判で蜂の巣になったあとは、しばらく放心状態になる。)

FC2ブログランキングに一票を!

FC2ブログランキングに一票を!
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/15-0b05d7c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。