ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究として独立する直前の重要なトレーニングのプロセスがポスドクです。米国ではファカルティーの条件として数年のポスドクの経験を必須としているところがほとんどであり、このプロセスが研究者のキャリア形成に非常に重要であると認識されていることがわかると思います。

もちろんポスドクの間に学ぶべきことはたくさんありますが、大局でみれば「明日から独立して、ラボというチームを率いる能力をもった自分」に向けての学びのプロセスと見なすことができます。しかし、現実にネックとなるのは「人を使うことは、実際に自分の責任で人を使うことでしか学べない」ということです。シニアポスドクの間に”中間管理職”として学生やテクニシャン、新人ポスドクを指導する経験は当然役にはたちますが、「自分の最終責任でひとを使う」ということとはかなり状況が異なります。

では、人を使うという経験をする前に学べる/学ぶべきこととは何でしょう。私はそれは「人に上手く使われること」であると思います。ある時期はひたすらボスに上手く使われる存在になることを目指し、その中から人を使うための下準備を学ぶことが実際的で建設的なアプローチであると考えます。また、ボスから”こいつは使える人材である”と認識されることはプロモーションやファカルティーのジョブオポチュニティーにつながり、独立することへとつながっていきます。

哀川翔の書いた「使われる極意-すべては、呼ばれるために」という本のタイトルから連想されるように(私はまだ読んでいませんが)、プロフェッショナル職業人として自分の専門性を深めていくためには、自分の好きなことや得意なことを追求していくこと平行して、まずボスやコミュニティーから上手く使われる存在になるという視点をもつ必要があるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/149-ce6e9cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。