ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nature誌 (November 1, 2007)のエッセイ「謙虚さという技術(Technologies of humility)」より:

現代で最も奇妙なことは、確実な答え(certainty)を得ることができるとみんなが本気で考えていることだ。その結果、確実な答えがわからないという状態(uncertainty)は脅威であり、知識をもってして治療すべき病とみなされる。
The great mystery of modernity is that we think of certainty as an attainable state. Uncertainty has become the threat to collective action, the disease that knowledge must cure.....


このエッセイでは、科学的データに基づいて何か実際の行動を起こす場合(とくに政治的判断)、あまりに科学的データの”certainty”にこだわるあまり、有効なDecision-makingができなくなる危険性を指摘しています。典型的な例が、地球温暖化問題であり、温暖化を100%のcertaintyで予測することは不可能であり、行動が遅れれば甚大な被害をもたらす可能性が(100%でないにせよ)ある状況下で、uncertaintyを楯に取り有効な政治的判断がなされないという事態が米国では長く続いてしまいました。

Real Lifeは非常に複雑です。科学&技術の発展によりますます複雑になっています。もしくは、もともと複雑であったのが、科学&技術の発展によりその複雑でをますます実感しているという側面もあるでしょう。複雑さゆえに現代では政治家も含め多くのひとはたとえ幻想であっても「白黒はっきりした」”certainty”や”simplicity”に惹かれ、大きく影響を受けると考えられます。

これはマーケティングやさらには科学論文においても「クリアなスートリー性」が重要視されることとも関係しているように思います。少しでも複雑でわかりにくいものは極端に敬遠され、忌み嫌われる傾向にあります。「白黒はっきりしていること」や「これって一言で言えばXXX」のように戦略的に”certainty”のふりをすることがコミュニケーション術として現代では有効であることは間違いありません。

しかしこのエッセイでは、現代人が”certainty”という幻想にとりつかれるあまり、重要なDecision-makingに支障をきたす危険性に警鐘を鳴らしています。科学が発展すればするほど、科学的なデータや科学的根拠の信頼性にますます依存し、さらなる科学的根拠の発見に奔走し、倫理的に有効なDecision-makingが遅れることに警鐘を鳴らしています。そして、科学的根拠の”certainty”の限界を受け入れる「謙虚さというテクノロジー(Technologies of humility)」を提唱しています。これは現代科学でもすべてがわかる訳でないこと(”uncertainty & partiality”)を”謙虚”に受け入れ、たとえ”uncertainty & partiality”があっても倫理的基準に則り問題を解決していくという戦略・スキルです。

もちろん、科学研究とデータの信頼性を上げる努力と「Technologies of humility」とのバランスが重要ですが(「純粋な科学的思考」と「倫理的思考」のバランスともいえるでしょう。)、科学者と政治家の両方が”謙虚さという技術”を意識する(または、学び直す)必要があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/146-356eacc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。