ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球レベルでの所得格差や医療レベルの格差などGlobal Povertyは、大都市の大学に勤務するものにとっては意識することのあまり多くないトピックでした。しかし、今週はふだん目を通している科学雑誌にGlobal Povertyに関連した記事や論文が多くハイライトされていることに気づきました。

これは、Council of Science Editors (科学雑誌編集者会議)のキャンペーン「Global Theme Issue on Poverty and Human Development」によるものです。このキャンペーンに参加するNature, PLoSなどを含めた235の科学・医学雑誌に掲載された(される)すべてのGlobal Povertyに関する記事(原著論文、レビュー、エディトリアル等)はオープンアクセスとなり、リンクににより「Global Theme Issue on Poverty and Human Development」のサイトに集積されます。これにより今までに例をみない世界最大規模のオープンアクセス可能なGlobal Povertyに関する科学オンラインリソースが形成され、パブリック・アウエアネスの促進と、今後の研究をサポートする重要な基礎固めができると期待されます。

例えば「Global Theme Issue on Poverty and Human Development」に参加している記事には:

免疫学の分野ではNature ImmumologyのHIV ワクチンに関する:

Science, medicine and research in the developing world: a perspective
―Frances Gotch & Jill Gilmour―

As part of the Global Theme Issue on Poverty and Human Development, Frances Gotch and Jill Gilmour describe the development of laboratory capacity to support HIV vaccine trials as a model for technology transfer in the developing world.


ナノ・テクノロジーの分野ではNature Nanotechnologyの水をきれいにする技術に関する:

Nanotechnology and the challenge of clean water
―Thembela Hillie & Mbhuti Hlophe―

Access to 'potable' water would transform the lives of many people in the developing world. Nanotechnology is already being used to remove contaminants from drinking water and increase the availability of fresh water, but there is still a long way to go.


また、PLoSでは

1日1ドル以下でGlobal Povertyに対抗する最も効果的な手段を50字で答えよ
(Which single intervention would do the most to improve the lives of those living on less than $1 a day?)


という質問に対しての、コロンビア大学の経済学者で”The End of Poverty”の著者Jeffrey Sachsやハーバードの医師でハイチでHIV患者の治療に当たったPaul Farmerなど30人の答えを「Thirty Ways to Improve the Health of the World's Poorest People」として掲載しています。

日頃は科学雑誌を”インパクト・ファクター”として見がちですが、オープン・アクセスとリンクにより地球規模の問題に科学者が貢献できるフレームワークとしての重要な機能も今後担っていくのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:頑張ってる人たち - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/145-a2c9e8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。