ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会起業家Jeffrey Skollが「Humanity 2.0」を語ったTED (Technology, Entertainment, Design) Talkはとてもよかったのでここで紹介します。Jeffrey SkollはeBayの初代社長でしたが、そこで得たビジネススキル・人脈・資金をもとに社会起業家に転身した人物です。

社会起業家としてのJeffrey Skollの提唱するHumanity 2.0とはOpportunity GapとHope Gapという2つの社会のギャップを埋めていくプロセスです。Opportunity Gapを埋めるとはすべての人に機会が平等に与えられるように、機会の不平等を是正しいくプロセスであり、「Everyone can make a difference」のためのインフラや物理的なサポートと考えられ、当然その重要性が広く認識されています。しかし、彼は特にHope Gapを埋めることを重要視しています。Hope Gapとは「希望格差」とも訳されていますが「Everyone can make a difference」を信じることすらできなくなるという状態を指すのでしょう。

Opportunity Gapを埋めるためにはunder-appreciateされた社会問題に資金を「投資(Invest)」したり、ミーティングやフォーラムの人々の「連携(Connect)」が有効なアプローチでありますが、Hope Gapを埋めるためには「人々のこころに響く物語を提供する(Celebrate a story)」が必要であるというのがJeffrey Skollの持論です(ストーリーテリングの重要性)。そのために、かれはParticipant Productionsという映画スタジオを立ち上げます。(スタジオ立ち上げの背景には、彼が「ガンジー」や「シンドラーのリスト」に感銘を受けたことがあるようです)

Participant Productionsは、そのモットー「Movies have the power to inspire. You have the power to act.」にあるとおり、映画を通じてPublic Awarenessを高め、社会に変革をおこし、その結果としてHumanity 2.0を達成すること(特に、Hope Gapを埋める)を使命としています。

Participant ProductionsはAn Inconvenient Truth(アル・ゴアの不都合な真実)、Fast Food Nation、Good Night, and Good Luck(グッドナイト&グッドラック)などの注目された作品を送り出しています。映画の社会に対するインパクトは「不都合な真実」によく表されていると思いますが、Jeffrey Skollは一般にはあまり注目されなかった「North Country(邦題:スタンドアップ)」に言及ししています。「North Country」シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)主演の女性に対する暴力をテーマにした映画であり、興業的な成功作品ではありませんでしたが、この映画の上映期間中に議会でthe Violence Against Women Act法案の更新の審議があり、法案更新成功に「North Country」が形成した世論が強い後押しとなったことをJeffrey Skollは強調しています。

Jeffrey Skollは現在40歳余りの若さでありながら、eBayでの成功のあと社会起業家として第二の人生をおくっているわけですが、この人生の急ピッチな展開の背景には、彼が14歳の時に父親がガンを宣告され「死ぬこと自身はそれほど怖くないが、人生でやり残したことがあることがつらい」といった言葉から「人生をいつ終わるかもしれない有限なもの」として受け入れる達観したところがあるようです。

Jeffrey SkollのTEDでの軽快なトークを楽しんで下さい。




スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

ありがとうございました!
島岡さん

社会起業家を目指す者として、
Humanity 2.0を提唱されたJeffrey Skoll氏の活動は大変参考になりました。
他にも日本では知ることのできない社会起業活動をご紹介いただけると幸いです。
【2009/03/01 Sun】 URL // Visionary&Love #PV7NDp2g [ 編集 ]
面白いですね
面白いですね。ご紹介ありがとうございます。
ストーリーというある種入れ替え不可能なものを切り口にしている点が非常に共感します。
【2009/03/16 Mon】 URL // shun #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/128-595f057f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。