ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サバティカル(sabbatical)

A sabbatical is a period away from your normal routine - a time to immerse yourself in a different environment, a chance to see your life from a different perspective.
thesabbaticalcoach.com



梅田望夫さんの「人と違うことをする」でサバティカルについて取り上げられていたので、私の身近で最近数年の間にサバティカルをとった2人のプロフェッサーAとBの例を紹介する。

プロフェッサーAとB2人ともボストンの有名大学のテニア付きのフル・プロフェッサー. PIとして20年以上非常にプロダクティブな研究室を率いてきた。その間自分はベンチから離れ、プラニング、グラント・論文書き、研究員の教育と指導に情熱を注いできた。新しい分野への挑戦は他のグループとのコラボレーションまたは新しい技術を持った研究員を新たに雇うことにより取り入れてきた。そして、2人ともここ数年のあいだに1年間のサバティカルをとった。

プロフェッサーAは新しい技術を自分で身に付けるために、西海岸の友人の研究室に研究員として参加し、大学院生やポスドクとベンチをならべ1年間実験にあけくれた。ボストンに戻ってきてからも自分で実験を続け、時には土曜の早朝にやってきて深夜まで実験しているようだ。

プロフェッサーBはサバティカルを自分の研究室でとった(?)。つまり、一年間教育とアドミニストレーションのDutyから完全に解放され、その時間を新しい研究プロジェクトのための思索の時間にあてた。

また別に本人から聞いた例であるが、サバティカルをバイオテク企業で過ごしビジネスの勉強をしたプロフェッサーCもいる。

以前のエントリー「プロフェショナル 仕事の流儀:コンピューター研究者 石井 裕」でMITメディアラボの前所長は、ブレークスルーのためには「incremental」(=着実に一歩一歩進む)ことだけではだめで、過去の業績を捨てて新しいことを始める覚悟が重要であると語った。サバティカルはこの「incrementality」のサイクルから自由になる効果的な仕掛けであろう。

それでは、プロフェッサーをサバティカルへと導くドライビング・フォースは何であろうか。知への飽くなき探求心や限りない向上心のような”崇高”なものかもしれない。しかし私はそこに”Mid-life Crisis"のような魂の叫びが果たす役割が大きいのではないかと感じる。

(補足)米国の大学では定期的にサバティカルを取る権利を認めているが、実際的に問題になるのはグラントと研究室の維持の問題であろう。

(追記8/17)
関連ブログ:
梅田望夫氏―My Life Between Silicon Valley and Japan―より「サバティカル・コーチ」
<http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070816/p4>


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/125-5bc56e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[misc] 中年の危機  【2007/08/17 Fri】
最近本業に関係の無い変なことばかり書いてますが、まあ息抜きの一環です(と別に言い訳しなくてもいいのですが)。ちなみに本業の方は相変わらず遅々と関連論文読んだり、よそ様の手法の実装をやったりしてます。最近新しいプロジェクトに関われることになったのがとても
[ valdzoneの日記 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。