ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エントリー「Googleの戦略をまねするのは簡単ではない」でコメントさせていただいた5号館のつぶやき「20%ルールって 【追記:関連記事】」に100以上のコメントが寄せられポスドクの雇用問題等で白熱した議論が続いている。議論の焦点は広義での当事者:「ポスドク」「研究室主催者(教授)」「大学」「企業」「政府」の誰にどういうようにアプローチするかである。

ポスドク本人の自己責任や企業の雇用方針を攻める意見も一理あるが、私は「ハードSFと戦争と物理学と化学と医学」のinoue0さんのコメントに賛同する。

....(ポスドクの雇用が困難な [or 困難になる可能性の高い] 現状は)求職者個人の努力ではどうにもならなくて、大学による採用支援活動が必要なんです......大学側からのアプローチが必要とはそういうことです。指導教授のコネだけでも不足ですね。



アカデミアが生み出す知的価値は獲得予算額・発表論文数・特許の数などで短期的には評価されるかもしれないが、中・長期的にはどんな人材を生み出したかで評価される(べきである)。米国に比べ企業の中途採用の難しい日本では、理系大学のPh.D./Postdocに対する就職支援機能を高めることは非常に重要である。個々の研究室レベルではなく大学のカリキュラムとして体系的に行うできであると思う。個々の研究室では「研究の方法」を全体のカリキュラムでは「仕事の方法」をトレーニングし、「事務」で就職支援をする。

米国ではファカルティーのプロモーションの審査では、今までトレーニングした学生・フェローの全員の名前と現在の就職先とポジションを自分のC.V.に記入するが、この部分はメンターとしての能力を評価する非常に重要な指標となる。教官(ひいては大学)のメンター力をプロモーションや社会での評価に体系的に組み込むことは、学生・ポスドクのトレーニングや就職支援に教官(や大学)がエネルギーを注ぐインセンティブになる。

カリキュラムの充実には予算が必要であるが、質の高い教育と職業トレーニングを提供ことができるのなら授業料も米国レベルにまで引き上げることも必要になるかもしれない。奨学金やグラントからの給料として出すシステムが完備するまでは、米国のように低金利ローン等でサポートするしかないであろう。

ポスドクは米国のシステム(ポスドクのあとはすぐに独立したファカルティーで、ノンアカデミックのポジションもある程度豊富)ではうまく機能している。トータルのジョブ・セキュリティーはあまり高くないが、米国ではポスドクは「挑戦して失敗してもやり直しのきく」キャリアの1ステップである。ポスドクは自分で積極的に行動することは求められるが、未熟でもよい。したがって、米国のアカデミアでは就職支援システムもそれほど必要とされない(とりあえず、挑戦したほうが早いので)。

日本でも10~15年前までは、バイオメディシンを研究している人はそれほど多くなく、領域も発展途上であった。情報量は少なく飛び込むには勇気(または無知)が必要であったが、未熟でも許された。私も含め現在アカデミアでファカルティーをやっている人(の多く)はその時代のひとである。未熟であることで批判などされなかった。しかし、現在は多くの領域が成熟してしまったので、情報量は多いが競争は熾烈である。未熟ではやっていけない。未熟であることが「人間力」に欠けるなどと批判される。逆説的に聞こえるかもしれないが、成熟した領域においてこそ支援が必要である

7/29追記:
関連ブログ:
5号館のつぶやき「博士の就職」
stochinaiさんが100以上のコメントによる議論をまとめていらっしゃいます。

大隅典子の仙台通信「誰がアクションするのか?」
大隅さんが同様のお考えでグローバルCOEを画策中です。”一緒にチャレンジしてくれる博士やポスドクさんがいたら大歓迎です”

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

アメリカで、ボスの審査にそれまで教育してきた人の有無、あるいはポスドクや大学院生のフェローシップにボスの評価も入ることは非常に特筆すべきことと思います。ですがこれはNIHが比較的田舎にでも大きなお金を落としていることにも理由があると思います。田舎でも研究ができるし、研究に集中できる環境がある。

あと、ポスドクは失敗しても未熟でも猶予がある、というのは受け皿があるからいえることだと思います。実際、こちらのエリートと話していると、科学者として残りたい人は、どこでもいいからHHMIのラボに行けば何とかなるという言い方をする人もいますしね。やっぱりアメリカでもビッグラボ・血統のよいラボに行ったほうがよい(楽である)ことは間違いがないと思われます。それはご自分がファカルティになられた経緯を考えてもそうではないですか?

未熟なことで非難されるのはおかしいと思います。というのは未知なる科学に対しては誰もが未熟なのですから。ですが、どこでも下駄はきが存在することを書き落としている点が引っかかります。
【2007/07/28 Sat】 URL // 海外とくめい #- [ 編集 ]
Strategy v.s. Courage
海外とくめいさん、コメントありがとうございます。
「有名大学・ラボ」がキャリアに有利かということに関してはYes & NOだと思います。自分のキャリアをレトロスベクティブにみればそうですが、当時は自分もまた研究領域も未熟であったためStrategyよりCourage(or innocence)がDriving forceであったと思います。研究領域が成熟すればよりStrategyの重要度が増すのだと思います。したがって、「自分」と「自分が飛び込もうとする領域」の成熟度によってStrategy v.s. Courageの比重が変わるのではないでしょうか。
【2007/07/29 Sun】 URL // Motomu Shimaoka #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/118-99ce1681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
博士の就職  【2007/07/28 Sat】
 いつもBostonから日本の後輩博士・ポスドクの応援を続けていただいている島岡さんから、「20%ルール」をきっかけとして盛り上がっている議論に対して、建設的な提案が寄せられています。議論の焦点は広義での当事者:「ポスドク」「研究室主催者(教授)」「大学」「企
[ 5号館のつぶやき ]
沖縄 就職 天国!  【2007/07/28 Sat】
就職は人生の一大事ですよね。沖縄の就職で面接時に聞かれる内容は要チェックです。旅行者気分で応えていると厳しい声が...
[ 沖縄 就職 天国! ]
10年近く前からインターネット上ではグルグルと堂々巡りの議論が続いている、所謂「...
[ Jun Seita's Web ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。