ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クローズアップ現代「にっぽんの“頭脳”はいかせるか・苦悩する博士たち」に関する5号館のつぶやきのstochinaiさんのエントリーを読んで、あらためて日本のポスドク問題の深刻さを痛感した。

もちろん「ポスドク問題」は雇用の問題であるが、エントリー「いかにメッセージを伝えるか」で書いたように

「今私たちは困っているから助けてくれ」というメッセージ以外にも「私たちは社会に価値あるものを創るので投資してくれ」というメッセージを発信する戦略的二枚舌を理系研究者は学ばなければならない。


有利な世論を形成するためには、戦略的コミュニケーションが必要だ。したがって、私は「雇用的側面」ではなく「日本のポスドク」が科学&技術に効率的に貢献できるシステムかどうかという観点で、この問題をattackしてみたい。

米国でもポスドクの雇用の不安定性の問題は日本同様にあるが、ポスドクが米国の科学&技術の発展に対する貢献は非常に大きく、少なくともバイオメデカルの分野においてはポスドクは最大で最強のプロフェッショナル研究者集団である。そして、その強みはポスドクという名前からは想像出来ない。米国でのポスドクというメカニズムの強みは「Post-doc:博士のあと」にあるのではなく「Just one step to PI (principal investigator)」にある

たとえば、先月までポスドクであった彼/彼女が、来月からはAssistant Professorとして年間数千万円のスタートアップ、1000万円近い年収をもらい、数人の学生/ポスドクを雇いPIとしてラボを経営する。米国ではポスドクは「Just one step to PI」であり、ハイリスク(雇用が不安定で給料も安い)が、ハイリターン(=Just one step to PI)である。日本のポスドクのように「one step to another to another ...to PI」ではない。

この構造の差は研究者のproductivityとOriginality(そして、その総和としての国家の競争力)に重大な影響を与える。研究のOriginalityのクレジット(コレスポンディング)は通常PIにある。ポスドクが実際に実験をしても仕事の知的所有権の大部分は通常PIにある。したがって、ポスドクが独立するときには独自の新しいテーマを追求しなければならない。そうしないと自分のOriginalityは認められない。戦略的に(強制的に)研究テーマを変更しなくてはならないのだ(通常はポスドクの仕事をもとにして、関連した新しいテーマを追求することが多い。)その後はひたすら自分のOriginalityを追求し、それが長期的にはその国の科学&技術の国際競争力増強につながるというキャリア・モデルである。

戦略的・強制的な研究テーマ変更はOriginalityの創出には欠かせないが、バイオメデカルの分野においては国家に必要とされるレベルのエキスパートになるには、その専門分野で最低10年は集中して研究している必要があるのではないか。したがって頻回の戦略的・強制的な研究テーマ変更は「知の創出」を阻害する

日本のようにポスドクの後もPIまでさらにいくつものステップがある場合には、そのたびに、戦略的and/or強制的な研究テーマ変更が必要であり、国家に必要とされるレベルのエキスパートが育成できないし、新たな知を創出する環境も整備されない。(「雇用問題」とあわせて「ポスドク問題」をattackするときに「相乗効果」創出を期待する。)

ポスドクは「博士のひとつ後」かつ「PIのひとつ前」でなければ米国のようには機能しない。




「戦略的・強制的な研究テーマ変更」に関連したエントリー:
どのようにして新しい研究プロジェクトを始めるか:[Zoom Plus]
<http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/blog-entry-6.html>


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

■高度技能者が日本を救う鍵
はじめまして、Shimaokaさん。
実は最近こちらをたびたび訪問させていただいておりました。
何度かコメントを書かせていただこうかとも思ったのですが、
私のような一般人が場の雰囲気を乱してはいけないとも思い、
じっと堪えておりました。でも、今回はついに。。。

今日本は、この頭脳を活かせなければいけない時期にさしかかっているのだと強く感じております。高度技能者が日本を救う鍵!ということを、一般の人にも理解してもらえるよう、微力ながら応援させていただこうと、世界の片隅でこっそり(でも強気に・・・笑い)営業しております。

今回、トラックバックもさせて頂きましたので、ご了承くださいませ。

*27 July 2007 0:00・・・TBは失敗していたようです。すみません。
【2007/07/26 Thu】 URL // OCO #yw4sqTbg [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/26 Thu】 // # [ 編集 ]
諦めないで
コメントをいただきありがとうございました。
Shimaokaさんの一言で勇気をいただき、再チャレンジしたところ、
お陰さまでTBに成功いたしました。ありがとうございました。
私事の些細なことで恐縮なのですが、肝心なのは"成功するには諦めない"ということなんですね。

もしかしたら上記事文のように、私は無意識のうちに二枚舌を使っていたのかもしれません。。。(汗)
【2007/07/27 Fri】 URL // OCO #yw4sqTbg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://harvardmedblog.blog90.fc2.com/tb.php/107-ba3c7c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 クローズアップ現代でも、ポスドク残酷物語を放送していました。内容は、例によって例のごとしで、博士号を取得しても大学の研究者になれずに不安定なポスドクを続けているとか、子供が生まれたのでポスドク生活をやめて企業の営業職に就職したとか、いう話です。 ちょっ
[ 5号館のつぶやき ]
高度技能者が日本を救う鍵  【2007/07/27 Fri】
  つい最近読んだ本より・・・  ◇知識労働者の生産が社会を変える  知識労働と肉体労働の両方を行なう、そのような人たちを、  とくにテクノロジスト(高度技能者)と呼ぶ。  テクノロジストには、きわめて高度の知識を使う人たちがいる。  脳内動脈瘤の恐れの
[ with Coffee 営業中♪ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。