ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
留学を始めたときに、自分の研究分野にはまったく関係のないノンフィクションの洋書を一冊読み通すのを目標にしたが、それが始めて達成できたのは3年目であった。現在は audible.com も利用して月洋書3冊を目標にしている。何を読むかはランキングと書評を参考にする。Amazon.comの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という関連ある本を紹介するサービスも利用する。

ところで、LibraryThings では Book Suggester (この本を買った人はこんな本も買っています)に加えて UnSuggester (この本を買った人はこんな本は買いません) というおもしろいサービス (?) も提供している。

例えば、

人を動かす:デール カーネギー (著) (How to win friends and influence people by Dale Carnegie)
を購入した人には:
Suggester:7つの習慣:スティーブン・R. コヴィー(著) (The seven habits of highly effective people : restoring the character ethic by Stephen R. Covey)
UnSuggester :ゾンビサバイバル・ガイド (和訳未発売)(The zombie survival guide : complete protection from the living dead by Max Brooks)

また、

ヤバい経済学 悪ガキ教授が世の裏側を探検する:スティーヴン・レヴィット (著) (Freakonomics : a rogue economist explores the hidden side of everything by Steven D. Levitt)
を購入した人には
Suggester:ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか :マルコム グラッドウェル (著)(Blink : the power of thinking without thinking by Malcolm Gladwell )
UnSuggester :フルーツバスケット (12) (コミック): 高屋 奈月(著) (Fruits Basket, Vol. 12 by Natsuki Takaya)

タイトルを英語で入れなければならないので、洋書 (または英語に翻訳された本) にしか対応していないが、興味のあるひとはお試しあれ。

FC2ブログランキングに一票を!





スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード