ボストンで13年働いた研究者が、アカデミック・キャリアパスで切磋琢磨する方法を発信することをめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーバード大学 (Harvard University Extension School) のMINI-MBAコース「Biotechnology Project Management 」で新薬開発のプロジェクトマネージメントについてのグループワークが始まった 。YahooのDiscussion Group (クローズドの掲示板) を使って、メンバー7人でディスカッションしている。一つ新鮮だったのは、コーポレート (製薬会社・バイオテク) 出身のメンバーは掲示板でのディスカッションに自分の主張をまとめたPowerPointファイルをどんどんアップロードしてくる。アカデミアではセミナー形式のプレゼンテーション以外は、普段の文章 (グラントやプロポーサル) はWordが中心である。以前、朝日新聞の「タカシの外資系物語」で読んだ話は本当であると確認できた。

(引用)さて、本題に戻りましょう。今回のお題は『パワーポイントを極める』です。前にも書いたことがありますが、外資系企業における文書のほとんどはパワーポイントを使用して作成されます。最近では日系企業においてもかなり使用されているようですが、それでもまだ、ワープロソフトの「Word」の方が多く使われているのではないでしょうか。外資系企業の場合は、契約書等の正式文書以外は、すべてパワーポイントで文書化されるといっても過言ではありません。ータカシの外資系物語ー

PowerPointでの文書化によるインフォーマルであるがプレゼンテーションを前提としたスタイルはぜひアカデミアでも取り入れたい。

FC2ブログランキングに一票を!

FC2ブログランキングに一票を!
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ハーバード大学医学部留学・独立日記 第二部 三重大学医学部編 all rights reserved.
プロフィール

Motomu Shimaoka

Author:Motomu Shimaoka
島岡 要:三重大学医学部・分子病態学講座教授 10年余り麻酔科医として大学病院などに勤務後, ボストンへ研究留学し、ハーバード大学医学部・准教授としてラボ運営に奮闘する. 2011年に帰国、大阪府立成人病センター麻酔科・副部長をつとめ、臨床麻酔のできる基礎医学研究者を自称する. 専門は免疫学・細胞接着. また研究者のキャリアやスキルに関する著書に「プロフェッショナル根性・研究者の仕事術」「ハーバードでも通用した研究者の英語術」(羊土社)がある. (Photo: Liza Green@Harvard Focus)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。